あとになって後悔した過去の恋愛とは?

1415709707823 200x200

恋愛しているときには気づくことはありませんが、終わってみたときに初めて「あのときこうしておけばうまくいったかも…」と悔やんでしまう女性も少なくないようです。そこで今回は『オトメスゴレン』女性会員のアンケートを参考に、「女性があとで後悔する過去の恋愛・ワースト3」を発表します。


【1位】気になる男性には素直に気持ちを伝えるべきだということ (505票)
・「モタモタしてたら彼女ができてた…」(10代女性)
・「相手もその気があったようなのに、勇気がなくて、それすらも確認できないまま終わってしまった」(20代女性)
・「告白しようと思っていたのに、気持ちを伝えることが出来なかった。今でも後悔している」(20代女性)

【2位】「好き好きオーラ」を出しすぎると、男性が追ってくれなくなるということ (461票)
・「男性を安心させたら適当に扱われる」(20代女性)
・「最初は向こうから迫ってきていたのに、こっちがその気になったとたん、興味が失せたみたい」(20代女性)
・「片思いでも気持ちがバレていると、軽くあしらわれちゃう」(20代女性)

【3位】幸せな付き合いをするためには相手の外見より内面を重視すべきだということ(333票)
・「別れの原因は、いつも内面の不一致」(30代女性)
・「見た目で選んだ相手とは、あまり長続きしない」(20代女性)
・「外見は化粧や整形で治すことができても、性格は直らない」(20代女性)


恋をしているときは、なかなか気付くことはありませんが、恋が終わって冷静になってみると、「あのときああしておけば、もしかして…」といった気持ちになってしまうことも少なくないようです。いろいろな恋愛経験を積んでいき、相手の気持ちを考えて行動できる女性になりたいものです。


【調査概要】
対象:合計2731名(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2014年9月19日現在