【高校生向け】厳しい親に恋愛を応援してもらうための工夫9パターン

大好きなカレとお付き合いがスタートしたら、少しでも長く一緒に過ごしたいのがオトメ心というもの。しかしまだ親の保護下にある女子高生なら、「監視の目が気になって恋愛を楽しめない」という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、インターネットユーザーの女性500名に聞いたアンケートを参考に「厳しい親に恋愛を応援してもらうための工夫」をご紹介します。

  • 【1】積極的に家事を手伝い、母親との会話を増やす

    「改めて時間を取って向き合うのは気恥ずかしいから、手伝いながら上手に話す」(10代女性)というように、食器洗いなどの家事をしながら、母親の懐に飛び込む作戦です。手を動かしながら自然に言葉を交わせば、無理なく本音をぶつけ合えるのではないでしょうか。
  • 【2】急にファッションやメイクを変えない

    「突然大胆なイメチェンをはかると、『娘のすべてが変わってしまった!』と焦らせてしまうから…」(10代女性)というように、娘の変化に敏感な親心を察する人もいます。「彼氏好みの女の子になりたい」と思っても、一気にいきたい気持ちはこらえて、少しずつ変えていきましょう。