彼女からの「おやすみLINE」をウザいと感じた瞬間9パターン

彼氏を愛していればこそ、送らずにはいられない「おやすみLINE」ですが、送る内容やタイミングが悪いと、迷惑がられてしまうケースがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性179名に聞いたアンケートを参考に「彼女からの『おやすみLINE』をウザいと感じた瞬間」を紹介します。

  • 【1】残業続きで「もうひと仕事しよう」と思った矢先にメッセージが届いたとき

    「『これから』ってときに来ると、なえる」(20代男性)というように、仕事中の彼氏に「今から寝る宣言」をして、やる気をそいでしまうパターンです。相手が忙しいとわかっているなら、「おやすみ」ではなく「お仕事がんばってね」と励ましの言葉を送ってあげましょう。
  • 【2】夜中に彼女から繰り返しメッセージが来て、起こされたとき

    「疲れてるときだと、勘弁してほしいと思う」(10代男性)というように、おやすみLINEが彼氏の眠りを妨げてしまうケースです。リアクションがなければ、状況を察してそれ以上の連投は控えましょう。