逃げられて当然?! 彼女が作った料理にガッカリした瞬間とは?

1414308423595 200x200

彼女が初めて料理を作ってくれるというのは、男性にとって一大イベントです。しかし料理の内容によっては、あまり嬉しくなかったという残念な声も…。今回は『スゴレン』男性会員のアンケートをもとに、「彼女が作ってくれた料理にガッカリした瞬間・ベスト3」をご紹介します。


【1位】言ったはずなのに、嫌いな食べ物が入っていたとき (183票)
・「生魚が食べられないのにメインが刺身…とか、ショック」(20代男性)
・「体にいいからといって、嫌いな野菜を細かく切って入れられると、母親のようでちょっと冷める」(20代男性)
・「もう大人なんだから、嫌いなものを無理やり食べさせようとするのは勘弁してほしい」(30代男性)

【2位】「得意料理」と聞いていたのにあまり美味しくなかったとき (172票)
・「コメントしづらい!自信がないなら『得意』とか言わないで」(20代男性)
・「味覚が大丈夫かな?と一瞬疑ってしまうかも」(20代男性)
・「そのときは無理矢理食べるけど、ちょっと考えちゃうかな」(30代男性)

【3位】明らかに手際が悪く、料理慣れしていないのがわかったとき (145票)
・「彼女が料理下手だとやっぱりショック」(20代男性)
・「苦手なら苦手と言ってくれればいいのにと思う」(20代男性)
・「一生懸命なところは可愛いと思うけど、やっぱり上手なほうがいい」(20代男性)


彼に料理を振る舞うというのは、女子力を見せる重要なポイントとなるため、失敗は避けたいものです。あまり料理が得意でない女性は、彼に手料理をお披露目する前にこっそり練習をしておくか、正直に料理は得意でないことを伝えておいたほうが良いでしょう。

【調査概要】
対象:合計1195名(『スゴレン』男性会員)
方法:インターネット調査
※2014年10月7日現在