今だから笑える!新婚当初の「小さなケンカ」3選

1413167804131 200x200

新婚当初というのは、楽しいことがたくさんありますが、初めて経験するお互いの生活環境の違いのため、とてもささいな出来事で大ゲンカに発展することもあります。そこで今回は『オトメスゴレン』女性会員にアンケートを実施し、「今だから笑える新婚当初の「小さなケンカの内容」・ワースト3」を発表します。


【1位】汚れた靴下とフェイスタオルをいっしょに洗濯するか、仕分けするか(6票)
・「『一日履いた靴下と顔をふくタオルを一緒にするな!』と夫。洗いあがれば同じじゃない」(20代女性)
・「私のほうが大ざっぱで、色物を一緒に洗うかどうかで大ゲンカ。」(20代女性)
・「素材によって分けて洗濯しろとうるさい夫にブチ切れた。今では選択は夫の役目に」(30代女性)

【同率2位】平日の朝食はパンか、味噌汁つきごはんか(5票)
・「私はパン党、夫は和食派。パンだと腹もちが悪いらしい」(20代女性)
・「最初の頃は何も分からず、ご飯とみそ汁を出していた。『朝からそんなに食べれない』と切れられた。『パンにして』ってひと言いえばいいだけなのに」(20代女性)
・「朝は食べない主義の私。夫が食べるなら作るのに、ずっと我慢してたらしく、毎朝コンビニのおにぎりを食べてたらしい」(20代女性)

【同率2位】お風呂は長風呂派か、シャワー派か(5票)
・「『お湯がもったいない』と夫は言うけど、冷え性の私は湯船にゆっくりつかりたい」(30代女性)
・「お湯をはったら続けて入らないともったいないといつも言ってるのに、自分の好きな時間に入って、いつもお湯が大量にあまることに。最終的に私がキレました」(20代女性)
・「異様にキレイ好きな夫。朝はシャワーで夜は湯船につかる。電気代と水道代だけで大家族分ぐらい請求がきた」(20代女性)


生活してきた環境はお互いに違うため、新婚当初はどうしても合わない部分が出てきます。特に一緒に暮らし始めて最初の頃は、どうしても我慢ができずにケンカを何度もする場合も多いようです。そのうち二人にとって良い折り合い地点が自然と見つかり、二人だけの環境が作り上げられていくことでしょう。

【調査概要】
対象:合計36名(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2014年9月19日現在