婚約した男性が「自由を失った」と現実を痛感する瞬間9パターン

自分からプロポーズをしたくせに、婚約が成立したとたん、変にジタバタする男性は意外と多いもの。穏便に結婚生活をスタートさせたければ、少しは気遣いが必要かもしれません。そこで今回は、インターネットユーザーの男性214名に聞いたアンケートを参考に「婚約した男性が『自由を失った』と現実を痛感する瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「家計」という単語が脳裏にちらつき、欲しいものをノリで買えなくなったとき

    「『家庭を持つ自覚があるの?』と趣味の出費をとがめられた」(20代男性)というように、自由に使えるお金が制限されることに戸惑いを感じるパターンです。相手の無駄遣いにいちいち目くじらを立てるより、ここぞというときにビシッと指摘したほうが、聞く耳を持ってもらえるでしょう。