「最高に萌えた!」と忘れられない告白シチュエーション9パターン

女の子から告白された甘酸っぱい思い出…。世の男性が胸の奥に大事にしまっている青春の1ページには、恋をつかむヒントが隠されているかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性452名に聞いたアンケートを参考に、「『最高に萌えた!』と忘れられない告白シチュエーション」を紹介します。

  • 【1】真っ赤な顔で手紙を渡され、「…これ、読んでください」

    「直接言われるよりも、愛を感じる」(10代男性)というように、古典的なツールである「ラブレター」を使った告白は、美しい思い出として男性の心に残るようです。文章として改めて想いを綴る行為が、神聖なものとして胸に焼きつくのかもしれません。
  • 【2】一緒にお茶をした帰り道、「私、好きじゃない人と二人で会ったりしないから」

    「俺のこと好きってこと?って、ドキドキした」(20代男性)というように、「友達以上恋人未満」の二人の関係をあえて問い直す告白です。ウブな女性を演じながら、相手の反応次第で「…好きなの」と追い打ちをかけてしまうのも、強烈な一撃になるでしょう。