婚活で「お嫁さんにしたい!」と思わせるプロフィール欄の書き方9パターン

結婚相談所でもネット婚活でも、婚活を始めようと思ったら最初に作ることになるのが「プロフィール」。学歴や年齢は変えられませんが、「性格」欄は書き方によってイメージアップを狙えるのではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性452名に聞いたアンケートを参考に「婚活で『お嫁さんにしたい!』と思わせるプロフィール欄の書き方」を紹介します。

  • 【1】良妻賢母をイメージさせる「家のことが好きです」

    「家事を任せられるかどうかは、婚活男子にとって重要です」(20代男性)というように、パートナー探しにおいて「家庭的であること」をアピールするのは、テッパンのようです。「豚の角煮は自信あり」など、得意料理を挙げると説得力が増すでしょう。
  • 【2】親しみやすそうな「おっちょこちょいかもしれません」

    「会う前から、親近感が湧いてくる」(20代男性)というように、あえて抜けている面を主張することで、興味を持ってもらう作戦です。「しっかり者に見られますが、実はドジです」などとギャップを演出するのも、「会ってみたい」と思わせるテクになるでしょう。