鈍感な男性に「あなたのことが好きなんだよ!」と気づいてもらう決め台詞9パターン

好き好きオーラを出しているのに、なかなか感じ取ってもらえない男性には、どんな言葉を選ぶと恋心を届けることができるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「鈍感な男性に『あなたのことが好きなんだよ!』と気づいてもらう決め台詞9パターン」をご紹介します。

  • 【1】絶景画像を写メで送って「この景色を一番に見せたかったんだ!」

    「『癒された』と返信がきたので、すかさず食事のアポに持ち込みました」(20代女性)というように、風景写真をダシにコミュニケーションを深める方法です。特別な場所でなくても、「きれいな夕焼け」など日常のひとこまを切り取るだけでセンスが光りそうです。