「どうせ本気の告白じゃないだろ」と軽く流されてしまうセリフ9パターン

  • 【5】中途半端でいかようにも受け取れる「これからもずっと仲良くしたいな」

    「『友達として』かもしれないし」(20代男性)というように、直接的なセリフを避けた告白は、男性の心には届きづらいようです。「友達」と「恋人」の境界線を越えるためには、勇気を奮い起こしてストレートな言葉を選ぶべきでしょう。