「どうせ本気の告白じゃないだろ」と軽く流されてしまうセリフ9パターン


大好きな男性に自分から告白するのは勇気がいりますが、決定的なセリフを間違えると、「どうせ本気じゃないでしょ」と流されてしまうおそれがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性452名に聞いたアンケートを参考に、「『どうせ本気の告白じゃないだろ』と軽く流されてしまうセリフ9パターン」をご紹介します。

  • 【1】なぜか期間を限定して「お試しで1ヶ月だけ付き合ってみない?」

    「なんか軽そうでイヤだ」(20代男性)というように、期間限定などの「条件付き」の告白は、相手にいい加減な印象を与えてしまうようです。少しでもハードルを下げたい心理は理解できますが、正々堂々と「付き合って!」とだけ言ったほうが成功率は上がりそうです。