「LINEが嫌いだ」という男性の本音8パターン

今やメジャーな連絡ツールとなったLINEですが、なかにはあまり使いたがらない男性もいるようです。一体彼らはどんな理由でLINEを敬遠しているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性436名に聞いたアンケートを参考に「『LINEが嫌いだ』という男性の本音」をご紹介します。

  • 【1】既読が伝わる仕組みが面倒くさい

    「返信しなきゃいけないプレッシャーがイヤ」(20代男性)というように、メッセージを読んだことが相手に伝わるせいで、いらぬ焦りを感じるパターンです。なかなか返事をくれない男性にやきもきすることがあっても、「既読スルーしたでしょ」などと指摘せず、気長に待ってあげてはいかがでしょうか。
  • 【2】「スタンプのみ」など習慣にないやり取りが煩わしい

    「どう対応すればいいかわからないことがたくさんある」(20代男性)というように、新しいものに疎い男性にとっては、LINEも十分「若い子のもの」なのかもしれません。「LINEを最近始めた」という相手には、あまりスピーディな反応を期待しないほうがいいでしょう。