恋するあまりやってしまったLINEの大失敗9パターン

好きな人とのLINEのやりとりは、とにかくワクワクするもの。しかし、恋する気持ちが強いと、力が入りすぎて逆に失敗することもあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「恋するあまりやってしまったLINEの大失敗」をご紹介します。

  • 【1】ハートのスタンプを連打した

    「気持ちが盛り上がって、つい…」(20代女性)というように、好意を表現しようとするあまり、直接的すぎるスタンプを選択してしまったパターンです。ハートのスタンプはただでさえ意味的に重いので、連打するのはもちろん、頻繁に使うのも避けたほうがいいでしょう。