食の好みが合わない夫とのゴタゴタを防ぐ「落としどころ」9パターン

  • 【8】夫に気づかれないように、自分好みの味付けに徐々に近づけていく

    「砂糖を少しずつ増やし、数年がかりで私の好きな甘い玉子焼きを『わが家の味』に!」(30代女性)というように、嗜好を強要するのではなく、じわじわ慣れさせれば、妻の味が当たり前になる可能性もあります。「10年もたつと味覚が似てくる」(40代女性)など、時間がいい働きをしてくれるケースは多そうです。