食の好みが合わない夫とのゴタゴタを防ぐ「落としどころ」9パターン

  • 【6】いつもは夫の嗜好に合わせ、ひとりきりのときに食べたい物を満喫する

    「ホクホク系が苦手な夫が出張中は、ここぞとばかりに芋栗かぼちゃ!」(20代女性)というように、通常の食卓では夫を立て、留守となったら存分に羽を伸ばす賢明な妻もいます。「夕食は夫優先。でも昼は私の自由」(30代女性)など、時間で区切るのもいいアイデアでしょう。