食の好みが合わない夫とのゴタゴタを防ぐ「落としどころ」9パターン

  • 【4】それぞれの口に合うおかずを、必ず一品は用意する

    「夫の好きな甘辛味と私の好きなさっぱり味、平等に出せば恨みっこなし!」(30代女性)というように、好物がひとつでも見当たれば、大満足はできなくても、不満も少ないかもしれません。おかしな取り合わせもあり得ますが、気分よく食卓を囲めるなら、献立のバランスは二の次でいいでしょう。