食の好みが合わない夫とのゴタゴタを防ぐ「落としどころ」9パターン

自分の食べたい物を並べたら、夫が文句タラタラ。でも相手の嗜好ばかり優先すると、食事をぜんぜん楽しめない…。二人とも満足できる究極の献立はないとしても、妥協点を見出すには、どうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートの結果を参考に「食の好みが合わない夫とのゴタゴタを防ぐ『落としどころ』」をご紹介します。

  • 【1】少しずつ好みをすり合わせるべく、お互いに苦手な味にも挑戦する

    「結婚当初は『納豆に砂糖!?』と気持ち悪がられたが、いまでは夫もすっかり砂糖派です」(30代女性)というように、試してみたら「意外にイケる!」と思える物もあるかもしれません。夫が食わず嫌いをするなら、まずこちらがチャレンジして「次はあなたの番」と促すと、協力を求めやすいでしょう。
  • 【2】薄味に仕立てて、各自のお皿で勝手に味を調整する

    「麻婆豆腐を作るときは辛さ控えめ。激辛好きの夫には自分で辛みを足してもらいます」(20代女性)というように、あとから味の加減ができるように調理し、「仕上げはお好みで」と委ねれば、文句は出にくそうです。とくに家族が多くて好き嫌いがバラバラな場合は、万能な方法かもしれません。