ちょっと待った!金銭感覚に疑問を呈したくなる夫の行動9パターン

  • 【5】「マイ水筒持ち歩くなんてカッコ悪い」と、行く先々でペットボトル飲料を買う

    「仕事中に毎日2本ジュースを買うとして、月に6000円の出費!?」(20代女性)というように、節約を面倒がるうちに出費がかさんでいる夫もいるでしょう。注意に耳を傾けないようなら、おしゃれな水筒をプレゼントするなど、形から入らせるのも一案です。
  • 【6】「直すよりも買ったほうが早い」と、家電などを修理もしないで買い替える

    「クーラーの効きがちょっと悪くなっただけで、新製品のカタログを集めてた」(40代女性)というように、何でも買って済ませようとする夫も、再教育する必要がありそうです。「一緒にフィルターを掃除してみようか」などと巻き込むことで、楽な道に逃げるのを防いでしまいましょう。