ちょっと待った!金銭感覚に疑問を呈したくなる夫の行動9パターン

生活水準に見合わないお金の使い方をする夫の行動に、「節約を台無しにされた!」と腹を立てた経験はありませんか? そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケート結果を参考に、「『ちょっと待った!』と金銭感覚に疑問を呈したくなる夫の行動9パターン」を紹介します。

  • 【1】「スーパーよりもコンビニが気楽」と、わざわざ高い店で買う

    「スーパーでお酒も買おうと思ったら、『あとでコンビニに寄るからいい』だって。あえて定価で購入する意味がわからない」(20代女性)というように、値段を気にせず呑気に構えている夫には、軽く憤りを覚えてしまうでしょう。ピンときていないようなら、差額を伝えて「ちりも積もれば…」と根気よく諭すしかないかもしれません。
  • 【2】「新しいのが出たから」と、まだ使えるものがあるのに新製品に飛びつく

    「スマホを2年で3回も買い替えた!」(30代女性)というように、新しいもの好きの夫も厄介そうです。衝動買いを食い止めるためには、あらかじめ「年間予算」を言い渡しておき、その範囲内でやりくりさせるといいでしょう。