「子どもの名付け」に口を出したがる両家の親をかわす方法9パターン

  • 【6】「必ずこの字を使いたいんです」とお題を決めて、両家平等に公募する

    「孫が可愛い気持ちも分かるので、漢字や字数など譲れない部分をお題にして候補を挙げてもらった」(30代女性)というように、命名の楽しみを分け合うのもよさそうです。さほど期待していなくても、よい名前が見つかる可能性は広がるかもしれません。