「子どもの名付け」に口を出したがる両家の親をかわす方法9パターン

  • 【4】いろんな案をいただくので、目移りしちゃう」と、ライバル候補の多さを知らしめる

    「両家ともに複数案をあげてきたので『たくさん名前の候補をいただいて、うれしい悲鳴です』と競争率の高さを匂わせた」(30代女性)というように、選ばれる確率の少なさを悟らせてしまえば、どんな名前に決めても不満を向けられにくいでしょう。はなから介入を拒むより、現実的な解決策かもしれません。