「子どもの名付け」に口を出したがる両家の親をかわす方法9パターン

孫の誕生を楽しみにするあまり、「自分が命名したい」と出しゃばる親に頭を抱える夫婦は多いようです。そこで今回は20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケート結果を参考に、「『子どもの名付け』に口出ししたがる両家の親を、波風立てずにかわす方法9パターン」 をご紹介します。

  • 【1】「最終的には本人の顔を見てから…」と、決定権を預けてもらう

    「『赤ちゃんの顔を実際に見てから一つに絞ります』と宣言し、あとから文句を言わせないようにした」(30代女性)というように、あらかじめ「ジャッジは夫婦で」と伝えておけば、余計な禍根を残さずにすみそうです。口出しをシャットアウトするのではなく、広く意見を募る形をとれば、協力を得られやすいでしょう。