上品な方だと思ってたのに…ママ友のイメージが崩れた瞬間9パターン

ママ友には悪い印象を与えず、無難に付き合いたいと考えている人は多いでしょう。できるだけ上品に振る舞っているつもりなのに、些細な行動でドン引きされる事態だけは避けたいものです。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『上品な女性だと思っていたのに…』と、ママ友のイメージが崩れ去ってしまった瞬間」をご紹介します。

  • 【1】子どもを「おまえ」と呼ぶなど、家庭内での振る舞いが垣間見えたとき

    「いかにもお上品なママ友が、ご主人を『おい!』と呼びつけるのを見て驚いた…」(30代女性)というように、たとえ相手が家族でも、ぞんざいな口調で話しているのを誰かに見られると、悪印象を与えてしまいそうです。「裏表がある人かも…」と警戒される恐れもあるので、注意しましょう。