どうしてもなじめない! 夫の実家の変わった食習慣9パターン

自分が生まれ育った家と、夫の実家では、ある程度「習慣の違い」があっても仕方のないもの。特に「食」に関しては、「えっ!?」と戸惑ってしまうことが多いでしょう。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「どうしてもなじめない! 夫の実家の変わった食習慣」をご紹介します。

  • 【1】「いただきます」の代わりに、別のあいさつが存在する

    「夫の家族は『いただきます』のかわりに『なむあみだぶつ』と唱えます。夫は新婚当初、『うちは普通』と言い張ってました…」(30代女性)というように、食事前のあいさつひとつとっても、家庭ならではのやり方があるようです。もし違和感を覚えても、夫の実家に行ったときくらいは従っておきましょう。