子どもが「習い事をやめたい」と言い出したときの対処法9パターン

わが子が突然、塾や習い事をやめたいと言い出したら、どうしますか? そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「子どもが『習い事をやめたい』と言い出したときの対処法9パターン」をご紹介します。

  • 【1】すぐにやめさせず、休会などの「見直し期間」を設ける

    「ピアノ教室に行きたくないと言うので、しばらく練習させなかったら、自分から『久しぶりに弾きたくなった』と言い出した」(30代女性)というように、ひとまずクールダウンさせてみてはどうでしょう。あれこれ言うより、「一時の衝動でやめてはもったいないよ」とやんわり諭すだけにしたほうが効果的かもしれません。
  • 【2】母とは別の視点で父親から説得してもらう

    「『塾は辛い』の一点張りだったのに、ダンナが自分の受験体験を話してくれたおかげで、『やっぱり頑張る』と一転」(40代女性)というように、母とは違う父親目線のアドバイスが、子どもの心を動かすこともあるでしょう。ただし、「嫌ならやめちまえ!」と短気を起こすタイプの夫であれば、別の手を考えたほうがよさそうです。