お下がりをねだるママ友にやんわり「NO」を示す言い方9パターン

  • 【3】「次の子のためにとっておきたい」と、まだ出産予定でいることを伝える

    「『もう一人産むつもりだから、あげられないの』と言えば、どんなママでも引き下がる」(20代女性)というように、先々の可能性をほのめかすのも手っ取り早い方法でしょう。現実的な理由なので、相手もすんなり受け入れてくれそうです。
  • 【4】「思い出が詰まってるの」と手元に置きたい気持ちをアピールする

    「『このTシャツは5歳の夏の象徴なんだ…』としみじみ語ってシャットアウト」(30代女性)というように、服への思い入れの強さを明かせば、相手も折れるしかなさそうです。「本人が気に入っているので」「母から贈られた記念の品なので」などと、さらに補足してもいいでしょう。