「このファッションは、遊んでる証拠!」と勝手に判断されてしまうおしゃれ9パターン

真剣な恋の相手には「真面目な女性」を選びたいという男性は多いもの。それだけに、外見から「遊んでそう」と判断されるのは避けたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性452名に聞いたアンケートを参考に、「『このファッションは、遊んでる証拠!』と勝手に判断されてしまうおしゃれ9パターン」をご紹介します。

  • 【1】ラインストーンを贅沢にあしらった「ネイルアート」

    「仕事も家事もする気がない宣言に見える」(20代男性)というように、長いつけ爪に石を大量にあしらったゴージャスなネイルアートは、男性に極めて不評のようです。どうしてもネイルを飾りたいなら、短めの爪にかわいい色のマニキュアを塗る程度にしておくと万人受けするでしょう。
  • 【2】つけまつげでパッチリ目元を作る「濃いアイメイク」

    「つけまつげがバサバサしてる子はチャラそうだと思ってしまう」(20代男性)というように、ボリューム感のある濃いアイメイクを施しているだけで、男性からは軽く思われてしまうようです。「遊んでる印象」を与えないためには、控えめなメイクにするのが無難そうです。