本命になれない「二番手女子」の残念な特徴9パターン

  • 【3】恋愛体質で、精神的に重そうである

    「過去の恋バナを聞いて、付き合ったらヤバそうだとげんなり…」(20代男性)というように、恋愛にのめり込む癖のある女性を意識的に避けるケースです。仕事や趣味が充実していて、「恋愛なんて面倒くさい」と感じている男性もいるので、恋愛観について語るときは気を付けたほうがいいでしょう。
  • 【4】自己主張が控えめで、熱い気持ちが伝わらない

    「本当に好きでいてくれてるのか、ちゃんと言ってくれないとわからない」(20代男性)というように、ただ思っているだけでは、鈍感な男性には十分気持ちが伝わらないこともあるようです。何度もプッシュする必要はありませんが、一度はきちんと告白するようにしましょう。