本命になれない「二番手女子」の残念な特徴9パターン

好きな相手といい雰囲気になることはあっても、「本命の彼女」として扱われることなく終わってしまう…。そんな悩みを持つ「二番手女子」には、どうやら共通のマイナスポイントがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性436名に聞いたアンケートを参考に「本命になれない『二番手女子』の残念な特徴」をご紹介します。

  • 【1】男友達が多く「自分だけが特別」と感じられない

    「自分も取り巻きの一人なんじゃないかと思ってた」(20代男性)というように、男友達がたくさんいる女性は、特定の相手に対してスペシャル感を演出するのが難しいかもしれません。「あなただけ」と言葉にして伝えるなど、少し積極的なアプローチが必要でしょう。
  • 【2】甘え下手で、可愛げが足りない

    「全然頼ったりしてこないから、男としては物足りないかも(苦笑)」(20代男性)というように、「男らしさ」に自分の価値を見出すタイプの人は、男気を発揮する場を彼女に求めるようです。彼にとって居心地のいい相手になれるよう、ときには悩みを相談したり、頼みごとをしたりしてみてはいかがでしょうか。