LINEでの告白を成功させるために加えたい「ひと手間」9パターン

感情のたかぶりに任せて書いた告白メッセージは、冷静に振り返ると「こんなの、自分がもらってもNGだわ」と恥ずかしい内容になりがちです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「LINEでの告白を成功させるために加えたい『ひと手間』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】ひと晩寝かせて翌朝チェックする

    「基本中の基本。夜と朝とでは別人だから」(10代女性)というように、夜の勢いで書いたものを朝に改めて読み返すパターンです。とはいえ文章を削りすぎても気持ちが伝わらなくなるので、「つたないけどかわいいな」と思える部分は残しておくと良いでしょう。
  • 【2】声に出して読んだり、紙に書いて内容を客観視する

    「音読したり、文字に起こしたりすると、違和感に気づきやすい」(20代女性)というように、口や手を動かして、黙読以外の方法で確認するパターンです。慎重を期するなら、ボイスレコーダーに吹き込んで聞き返してみると、もっと冷静に判断できるかもしれません。