これは本物?同僚からの脈ありサイン真偽を見極める方法9パターン

男性からの「脈ありサイン」に気づいたら、とりあえず何らかの手段で真意を確かめたいもの。とはいえ、相手が職場の同僚であれば、もし勘違いだったとしても気まずくならないよう、細心の注意を払う必要があるでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「同僚男性からの『脈ありサイン』が本物かどうか確かめるための行動」をご紹介します。

  • 【1】チラチラと視線を送り、頻繁に目が合うか試す

    「脈ありなら、私をチラ見してるはず!」(10代女性)というように、尋常でなく視線が合うなら、本物である確率は高いでしょう。ただし、相手にその気がなかった場合、「俺に気がある!?」と変に意識されても面倒なので、反応が微妙なときはほどほどでやめておきましょう。
  • 【2】業務メールに少しだけ私信を混ぜ、反応を見る

    「スルーしてもいい内容に返事をくれたら、期待しちゃう」(20代女性)というように、メールを使う方法なら、周りに知られずに真意を確認できそうです。質問形式でないほうが、来た返信が「わざわざ」なのかそうでないのかがわかりやすいでしょう。