熱烈なアプローチに「正直迷惑です」と思う瞬間あるある7パターン


興味のない相手からの熱心なアプローチにドン引きしてしまい、「迷惑だからやめてくれ……」と嫌悪感すら覚えてしまうことがあるのが女子。今回は、10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた、「熱烈なアプローチに『正直迷惑です』と思う瞬間あるある」を紹介します。

  • 【1】何度断ってもめげずにデートに誘ってくるとき

    気になる男性からのお誘いなら、予定があっても変更したり、他の日程を彼に提案するもの。2回断った段階で空気を読んでほしいのが本音です。

  • 【2】返信をしていないのに、何通ものメールを送ってくるとき

    一日に何回もメールやラインをして連絡をとりたがる男性は正直ストーカーなの!?とおもってしまうくらい嫌気がさすものです。

  • 【3】「なんか俺のこと嫌ってる?」と答えにくい質問をしてくるとき

    好きな人からだったらドキッとするけど、何とも思っていない男子からのこの質問は正直寒いですよね。

  • 【4】周囲の友達と協力体制を整え外堀を埋めてきたとき

    友達にも迷惑だし、居心地が悪くてそのコミュニティーにいたくなくなります。羞恥心が先行して、恋愛感情はでてきません。

  • 【5】彼氏でもないのに「この前一緒にいた男は誰なの?」と聞いてくるとき

    もうすぐ付き合いそうな距離感なら全然ありですが、全くその気がない状態の問い詰めはかなりうざいです。

  • 【6】飲み会や集まりのときには必ず隣に座ったり、過剰に密着してくるとき

    度が過ぎる密着やスキンシップは「怖い」!チャラチャラしてそうだし、下心が見えすぎて無理になる瞬間です。

  • 【7】住所を聞かれ、今度その周辺を案内するように頼まれたとき

    好きでもなんでもない男性に自分の住所を教えただけでも結構ムリをしたのにも関わらず、その周辺を案内しろだなんて、ちょっと図々しいですよね。

全く気のない相手からのアプローチは思った以上に重たく、うっとうしく感じてしまうもの。相手がどんなに必死で気を引きたくて頑張ってたとしても逆効果なことってよくありますよね。あまりにもしつこいと、「友達」にさえなりたくないかもしれません。
Photo:All images by iStock