「二番手扱い」だった女子が本命に昇格した方法9パターン

  • 【9】背水の陣で本命か自分か選択させる

    「いつまでも待てるわけじゃないし」(20代女性)というように、男性が煮え切らないようであれば、選択を突きつけるのもひとつの手でしょう。相手が優柔不断なタイプなら、どこかのタイミングで切り出す必要がありそうです。

二番手から本命に昇格するためには、やはりある程度強引な手段を取らざるを得ないようです。傷つく可能性もあるので「ダメでもともと」くらいの精神状態でいたほうが賢明かもしれません。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock