「二番手扱い」だった女子が本命に昇格した方法9パターン

片思い中の男子に好きな人がいたり、ほかの女子に後れを取ってしまって、どうしても「正式な彼女」になれない悩みを抱えている人は多いでしょう。しかしそこで諦めず、粘り強くアプローチすれば、いつか恋が成就する可能性があるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『二番手扱い』だった女子が本命に昇格した方法」をご紹介します。

  • 【1】本命よりも会う回数を増やす

    「頻繁に会うほど愛着がわくみたい」(20代女性)というように、何度も繰り返し誘い、会う時間を増やすことで「なくてはならない存在」に昇格するケースです。向こうから「会いたい」と言ってくれるようになれば、かなり「見込みあり」と考えてもいいのではないでしょうか。
  • 【2】おいしい手料理で胃袋をつかむ

    「料理上手だと一人暮らしの男子は落としやすいかも」(20代女性)というように、家庭の味に飢えている男性には、女性が作る「おいしいごはん」が響くようです。距離が縮まる「家デート」の良い口実にもなるので、積極的に料理の腕を磨きましょう。