男性からオトコを紹介されにくい「難ありアラサー女子」9パターン


出会いを求めるアラサー女子が、友人に紹介を頼んでもなかなか協力してもらえない場合、どのような理由が考えられるのでしょうか。恋愛経験豊富な20代、30代の女性への調査を元に、「アラサー女子に『誰か紹介して』と言われたとき、紹介する気が起きない『難あり女子』9パターン」を検証します。

  • 【1】アラサーになっても、おバカキャラで押し通す「自称天然女子」

    「見た目も中身も天然キャラを装っている」(30代女性)のように、20代前半は「かわいい」で許されたおバカキャラも、アラサーとなると周りの目が若干厳しくなるようです。大人の落ち着きや教養を身につけることを意識してみましょう。

  • 【2】「全身ブランドもの」など、「金使い荒すぎ女子」

    「交際費はすべて彼氏持ちで、イベント以外のプレゼントも当たり前だと思っている」(20代女性)と、「付き合ったらお金がかかりそう」と男性に引かれそうな女性は、男友達を紹介しにくいようです。高級品を愛用している人は、ただの浪費ではなく「気に入ったものを大切に使っている」ことをアピールしてみてはいかがでしょうか。

  • 【3】元カレへの未練たっぷりな「引きずり女子」

    「過去の失恋を吹っ切れずにいると、紹介しても無駄」(30代女性)と、昔の恋を忘れられずにいるのも考えもののようです。紹介を頼もうと思っている人の前では、やたらと元カレの話を持ち出すのはやめましょう。

  • 【4】実際に男性を紹介しても、自分からは連絡を取る気がない「受け身女子」

    「年齢的に女性もある程度は積極的にならないと、男性がシラけてしまう」(30代女性)というように、すべて男性任せのタイプは紹介する気になりにくいようです。待つだけでなく、自ら行動を起こす前向きさを持っている女性を応援してあげたくなるのでしょう。

  • 【5】紹介後、恋愛相談に乗るのが面倒くさい「極度の恋愛体質女子」

    「うまくいってもいかなくても大騒ぎする」(20代女性)というように、四六時中、恋愛相談に付き合わされるのが分かりきった女性も紹介をためらうようです。女友達への相談もほどほどにしないと、実は迷惑がられているかもしれません。

  • 【6】実家暮らしで、料理や掃除などすべて親まかせな「家事スキルゼロ女子」

    「男性も結婚を意識する年代なので、家事ができない人は紹介しづらい」(20代女性)と、ひとり暮らしでも「汚部屋」の住人など、家事が苦手な女性は紹介しづらいようです。逆に家事が得意な人は、家庭的な面をアピールすることで紹介してもらう機会を得られるかもしれません。

  • 【7】遅刻常習犯やありがとうが言えないなど「マナー欠如女子」

    「社会性が無い人を紹介したら、私の人間性まで疑われそう」(20代女性)というように、遅刻やドタキャンなどが多い女子はもってのほか。おごってもらった後に「ごちそうさま」が言えない女性は、女子力を磨く以前に社会人としてのマナーを身につけたいところです。

  • 【8】普段はおとなしいのに、恋愛だと俄然肉食になる「豹変女子」

    「男性の前では普段とキャラが違いすぎる」(20代女性)と、男性から「紹介される前に聞いていたキャラと違う!」とクレームが来そうな女子も紹介しづらいようです。ただし、そのギャップが魅力的に見える男性には、ある意味効果的かもしれません。

  • 【9】「いい人」の理想が高すぎる「自分のことは棚上げ女子」

    「高収入でイケメンで性格が良い!なんて、相手に求める条件が高すぎる」(20代女性)というように、「いい人」のハードルが高すぎる女子も紹介できないようです。絶対に譲れない条件だけに絞ってみると、紹介話がたくさん舞い込むかもしれません。

アラサー女子と付き合うとなると、男性も結婚を意識する場合が多いようです。友人から男性を紹介してもらえる女性になるためには、女友達に対しても大人の落ち着きやふるまいを心がけたいところです。(鈴木かんな)
Photo:All images by iStock