【ランキング】男性が理解に苦しむ女性ならではの金銭感覚ワースト3

1407849093650 200x200

男女間の金銭感覚には違いがあるのは仕方のないことですが、理解できないお金の使い方をする彼女に頭を悩ませている男性も少なくないかもしれません。そこで今回は『スゴレン』男性会員に聞いた「男性が理解に苦しむ女性ならではの金銭感覚ワースト3」を発表します。


【1位】月に何着も服や靴を購入する(28票)
・「いいものを厳選して買えばいいのに、新しいものばかりに目が行きすぎていて、物持ちが悪いの?と思ってしまう」(20代男性)
・「ものを長く大切に使う人が理想。次から次に新しいものを買って、昔のものは捨てたも同然にするのは理解に苦しむ」(20代男性)
・「どうせ何着も買うなら、最初からいいものを買って長く使ったほうがいいと思っても、なかなか言えませんね」(30代男性)

【2位】ダイエット目的で高額のローカロリーフードを購入する(25票)
・「食べなきゃ痩せるよ。カロリーの低いものを高いお金で買うって…」(20代男性)
・「正直気休めなんじゃないかと思ってしまいます。本人がいいならいいけど、そんな高いものを買わなくても他に方法がありそうなので…」(30代男性)

【3位】100円単位のことはうるさいのに、旅行などでは平気で数十万を使う(21票)
・「普段は節約だのなんだのうるさいくせに、旅行のときの金遣いは何?ってかんじ」(20代男性)
・「日頃は『少しでも安いもの!』と頑ななのに、旅行だと大盤振る舞い。ある程度は贅沢したいけど、そこまで金銭感覚がおかしいと引く」(30代男性)


普段は節約したり、少しでも安い服を同じデザインで…と女性なりに工夫しているもの。しかし時には贅沢もしたければ、自分の美容のために奮発したい!そんな時のお金の使い方を理解してくれる男性は少ないのかもしれません。「このために普段我慢していたんだよね」や「いろんな服、着たいから」と一言添えるだけで、少しは納得してもらえるでしょう。

【調査概要】
対象:162票(『スゴレン』男性会員)
方法:インターネット調査
※2014年7月17日現在