「ひょっとして俺のこと…好き?」と男性をドキッとさせる距離の縮め方9パターン


女性からの「ひょっとして好意がある?」という微妙なアプローチに心が揺れる男性は多いもの。気持ちを上手にチラ見せできれば、気になるカレに恋愛対象として意識してもらえるようになるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性480名に聞いたアンケートを参考に、「『ひょっとして俺のこと…好き?』と男性をドキッとさせる距離の縮め方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「今日の私の髪型、変じゃない?」と聞くなど、相手を信頼した質問をする

    「つまり『カワイイ?』って聞いてるんだと思うと、ドキッとします」(10代男性)というように、自分についての評価を求める問いかけで、男性を動揺させる作戦です。「別の髪型とどっちが好き?」などと追い打ちをかけて、個人的な好みを聞き出しましょう。