彼女のけなげさに、「別れの言葉」を思わず飲み込んだ瞬間9パターン

大好きな彼から別れを告げられて、なんとか思いとどまってほしいと挽回を試みたことはありませんか。翻意を促す「決定打」を覚えておけば、いざというときに役立つかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性469名に聞いたアンケートを参考に「彼女のけなげさに、『別れの言葉』を思わず飲み込んだ瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「最近、ちゃんと眠れてる?」とやさしく気遣われたとき

    「『顔色悪いよ?』と心配そうな表情に、決意が揺らいだ」(20代男性)というように、彼女からの思いやりあふれる言葉に、男性は心を動かされるようです。手料理やサプリの差し入れも、やさしさが伝わるでしょう。
  • 【2】「私にはあなたしかいないの」と涙を溜めた目で見つめられたとき

    「『あなたなしでは生きていけない』とシクシク泣き始めた彼女を、突き放すのはあまりにも酷な気がして…」(20代男性)など、泣き落としも効果がありそうです。ただし、未練がましくなり過ぎないように加減を考える必要があるでしょう。