人見知りな女子が「無理に頑張りすぎずに済む」会話術4選

人見知りな性格が原因で、合コンなどの飲み会で「冷たい」「不機嫌」などの印象を持たれてしまうことで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そんな悩める乙女におすすめなのが『男が手放さないヒミツ』(内野彩華|大和出版)です。著者の内野さんは、「人見知り」にも関わらず銀座のクラブで人気ナンバーワンになった実績をもつ人物です。人見知り女子はどのような会話を心がければいいのでしょうか。

  • 【1】人見知りを告白する。(例)「初対面の人は苦手なんです。」

    このセリフを言わなかった場合、「冷たい人だよね」「テンション低い人だよね」と思われる恐れがあるそうです。このセリフの効用としては、男性自身が「頑張って話してあげよう」という父性本能が働き、すごく話しやすくなると筆者は述べています。また結果として、話が盛り上がった場合、「この人は、初対面苦手なはずだけど、俺は特別なんだ!」と男性に優越感を与えることもできるメリットもあるそうです。