No.1キャバ嬢が直伝!酔っ払ったときに有効なスキンシップ4ステップ

気になる男性とお酒を飲んで、酔いにまかせて思い切ってスキンシップを試みたくなるもの。しかしスキンシップといっても、色々な方法が存在するはず。特に男性の心を虜にしているキャバ嬢はどのようなスキンシップを駆使しているのでしょうか。売れるキャバ嬢になるための指南本である『年収3000万円を稼ぐNo.1キャバ嬢の"ちょっとした"習慣』(木村進太郎|総合法令出版)から、人気キャバ嬢が実践している「酔ったときに有効なスキンシップ」を紹介させていただきます。

  • 【1】話しながら、男性の膝に手を置く

    最初の段階で、比較的スムーズに実践しやすいスキンシップが、男性の膝に手を置くことです。しかし、スキンシップすることに慣れてない女子にとって、難しいのが手を離すタイミングです。手を置きっぱなしにすればよいのでしょうか。筆者の見解によれば、ずっと手を置きっぱなしにするのではなく、数秒後に離す形でも問題ないそうです。
  • 【2】そっと腕を絡ませる

    膝に手を置く以上にスキンシップの度合いはアップするスキンシプです。腕を絡ませることで、男性は「特別な関係になっている」と感じさせる効能があるそうです。話が切れたタイミングや話題が変わったときに、ちょっと腕を絡ませ、そしと元に戻るという仕草を行なうことで効果を発揮するそうです。