「パッと見、軽そう」な女性に対して男性が抱く偏見9パターン


見た目がハデだったり、異性に対してなれなれしい女性には、「軽そう」というイメージがつきまとうもの。第一印象のせいで誤解を受けたくなければ、世の男性の本音を知っておきたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性480名に聞いたアンケートを参考に「『パッと見、軽そう』な女性に対して男性が抱く偏見9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「本気で人を好きになったことがなさそうだな」と、恋愛経験を見くびる

    「ゲーム感覚で恋愛をしそう」(20代男性)というように、見た目の印象に引っ張られて恋愛観も軽いと思われてしまうパターンです。「初恋のカレとは6年つき合った」など、一途なエピソードでギャップを印象付けましょう。

  • 【2】「先のことを一切考えてなさそうだな」と、計画性なしと判断する

    「『今が楽しければいい』的な発言には疑問を感じる」(20代男性)というように、自由を気取った素振りが男性から反感を買ってしまうケースです。「実は目標に向けて貯金中」などと努力家な一面を見せて、好感度アップを狙いましょう。

  • 【3】「チヤホヤされる自分に酔っていそうだな」と、底の浅さをバカにする

    「男の目を引くことしか考えてなさそう」(10代男性)というように、服装や話し方のせいで、人格を軽んじられる場合もあります。「勘違いしている」と思われたくなければ、恋愛トークでは多くを語らないのが無難でしょう。

  • 【4】「エッチなことばかり考えていそうだな」と、下心たっぷりの目を向ける

    「男を誘っているようにしか見えない」(10代男性)というように、露出度の高いファッションから、「物欲しそうな女」だと誤解されるパターンです。下ネタは冷たく流すなど、カラダ目当ての男性にはきっぱりした態度を見せましょう。

  • 【5】「チャラい男にさんざん裏切られてきたんだろうな」と、ヒドい過去を想像する

    「自分から軽そうな男を寄せつけているのだから、ろくな恋愛をしてないはず」(20代男性)というように、外見の雰囲気からネガティブな恋愛歴をイメージされるケースです。安っぽく思われたくなければ、連絡先を教えないなど、ガードの堅さを見せつけたいところです。

  • 【6】「雑誌の『男を落とす方法』を鵜呑みにしてそう」と、恋愛行動を勝手に想像する

    「ベタな駆け引きをされるんじゃないかと、警戒してしまう」(10代男性)というように、ノリのいいキャラのせいで、積極的なアプローチがすべて「わざとらしい」と思われるパターンです。自覚のある人は、王道テクをなるべく使わず、素直なやりとりを心がけましょう。

  • 【7】「本当は自分に自信がないんだろうな」と、コンプレックスを決めつける

    「自然体で勝負できないのかと思ってしまう」(20代男性)というように、目立つ服装や言動を好む女性を見て、「素の自分に自信がない」と深層心理を曲解する男性もいます。ナチュラルメイクの日を作るなど、たまには違う見せ方を意識するのもいいでしょう。

  • 【8】「SNSでリア充アピールするのが生きがいなんだろうな」と、レッテルを貼る

    「他人からどう見られるかをすごく気にしてそう」(20代男性)というように、SNSでの社交的な振る舞いが裏目に出て、「薄っぺらい」と思われてしまうパターンです。何もかもあけっぴろげに投稿するより、ミステリアスな部分も残しておきましょう。

  • 【9】「あまり勉強ができないんだろうな」と、かわいそうな子扱いする

    「軽そうな女性は頭脳もそれなり…と判断します」(10代男性)というように、容姿の印象から、知性がなさそうだと思われてしまうケースです。言葉遣いだけは真面目っぽくするなど、バランスの良い自己プロデュースを心掛けたいところです。

見た目が軽そうな女性に対して、男性はさまざまな憶測をしてしまうようです。むしろその印象を逆手にとって、ギャップのある女性の魅力をアピールできれば、しめたものでしょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2014年4月10日から17日まで
対象:合計480名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock