猛暑デートでダウン!彼氏を喜ばせる「女性らしい気遣い」9パターン

炎天下のデートで、相手が辛そうなそぶりを見せたら、女性らしい細やかなケアで株を上げたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性480名に聞いたアンケートを参考に「猛暑デートでダウンした男性を感動させる『女性らしい気遣い』」を紹介します。 

  • 【1】疲れた表情やしぐさを見逃さず、「大丈夫?」と声をかける

    「あふれる母性に、やられちゃいます…」(10代男性)というように、タイミングよく声をかけると、懐の深い優しさを感じさせるでしょう。さらっと口にするのではなく、心配そうにじっと見つめると、言葉に重みが加わるかもしれません。
  • 【2】日陰で膝枕をしながら、ハンカチであおぐ

    「男の憧れです。彼女未満の女性だとしたら、そのまま付き合いたくなると思う」(20代男性)というように、弱った状況での献身的な介護は、男心をガッチリつかむようです。ハンカチはもちろんのこと、扇子などの「暑さ対策グッズ」をカバンに忍ばせておくとよいでしょう。