花火大会で彼女の意外な一面にときめいた瞬間9パターン

  • 【5】混雑した会場で、子どもやお年寄りを気遣ったとき

    「女の子に『ここから見えるよ』と場所を譲ってた。浴衣もだけど、彼女の心が美しい!」(20代男性)というように、花火見たさに誰もが前のめりになる中、ゆとりのある行動を取ると印象的でしょう。その日の衣装に見合う柔和な表情で、終始過ごしたいものです。
  • 【6】はぐれそうになって、彼女のほうから手をつないできたとき

    「見慣れない格好をしているせいか、いつになく焦りました」(10代男性)というように、人混みにかこつけて、積極的なふるまいをするのもよさそうです。とはいえ、大胆すぎても情緒に欠けるので、指先を触れ合わすくらいが奥ゆかしくていいかもしれません。