好きな男性に対して思わずついてしまうウソあるある7パターン

  • 【7】男性経験人数を少なくいう

    軽い!と思われたくないから、本来よりも少な目の人数を告白。少しでもよく思われたいという必死のウソです。

少しでもイメージをよくしたくて、本当のことがなかなか言えないことってありますよね。気になるからこそ、相手がどう思うのかを気にしすぎて思わずウソをならべてしまったり。しかし自分の首を絞めることにもつながりますから、小さなウソでとどめるのがいいのかもしれません。
Photo:All images by iStock