「彼氏とのツーショット」でかわいく写るためのコツ9パターン

女友達のプリクラや画像を見て、「どうしてあの子のツーショット写真は実物よりもかわいいんだろう?」と疑問を抱いたことはありませんか? 不細工に写るから嫌だと避けてきた彼氏との写真も、ノウハウ次第で納得のゆく出来映えになるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性205名に聞いたアンケートを参考に「『彼氏とのツーショット』でかわいく写るためのコツ9パターン」をご紹介します。

  • 【1】彼氏より絶対に前に出ない

    「インチキ遠近法で小さく見える」(20代女性)というように、錯視を利用して小さく写るパターンです。自分が後ろに引けない場合は、さりげなく彼氏を前に押し出すとよいでしょう。