楽しいはずの「夏祭りデート」を台無しにした失敗9パターン

大混雑が避けられない夏祭りには、赤っ恥レベルのハプニングが起きやすいもの。楽しい思い出を残すためにも、先輩たちの体験談に耳を傾けたほうがよさそうです。そこで今回は、10代から20代の独身女性238名に聞いたアンケートを参考に「楽しいはずの『夏祭りデート』を台無しにした失敗9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】下駄で靴擦れを起こして、歩き方がおかしくなった

    「足が痛くて、早く家に帰りたくなった」(10代女性)というように、歩き回ることが前提の夏祭りでは、足もとのトラブルが致命傷になりかねません。絆創膏などの応急処置アイテムを持参するのはもちろん、始めから「ゆっくり歩こう」とカレに甘えてしまうのもひとつの手です。