彼氏の「男心」をひそかに傷つけているセリフ9パターン

9 Comments That Secretly Damage Your Boyfriend’s Sense of Manhood

長い付き合いであっても、女性にはなかなか理解できないのが「男心」。何気ない気持ちでいった些細な一言が、彼氏のプライドを傷つけてしまうケースは少なくないようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性136名に聞いたアンケートを参考に、「彼氏の『男心』をひそかに傷つけているセリフ9パターン」をご紹介します。

  • 【1】ちょっとした気遣い不足を責めて「○○君って優しくないね」

    「努力を全否定された気がする」(10代男性)というように、常日頃から「優しい彼氏」であろうと努めている男性ほど、「優しくない」の一言にはショックを受けるようです。事細かな気配りだけが「男の優しさ」ではないことを忘れたくないものです。
  • 【2】意見が合わなかったときに「器の小さい男だなあ」

    「自分の彼女にだけは言われたくないセリフNo.1」(20代男性)など、「器が小さい」という表現は、男性のプライドを無条件に傷つけてしまうようです。「彼氏として」ではなく「人間として」の評価を下す言葉に聞こえてしまうので、安易に口にするべきではないでしょう。