「水着姿は恥ずかしい…でも泳ぎたい」という困った事態の切り抜け方9パターン

「思う存分泳ぎたいけど、水着姿は恥ずかしすぎる」という複雑なオトメ心のせいで、夏のマリンレジャーを諦めてしまう女性は多いのではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性205名に聞いたアンケートを参考に「『水着姿は恥ずかしい…でも泳ぎたい』という困った事態の切り抜け方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】パレオを巻くなど体型をカバーする水着を選ぶ

    「男性目線では楽しくないかもだけど、これが限界」(20代女性)というように、露出度の低い水着で誤魔化すパターンです。ラッシュガードなど、さらに体型をカバーするウェアを着用するのもアリでしょう。