いっそ別れて解放されたい…彼氏に不評なLINEの使い方9パターン

LINEは恋人同士のコミュニケーションに便利なツール。しかし、使い方によっては彼氏を疲れさせてしまい、その結果、恋を終わらせる引き金になるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性344名に聞いたアンケートを参考に「『この状態が続くなら、いっそ彼女と別れたい』と思われてしまうLINEの使い方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】朝から夜まで数分おきに「現状報告」を求める

    「監視されているようで嫌だった」(10代男性)というように、他愛のないことでも逐一報告を要求し、ウンザリされるパターンです。しばらく時間が空いたからといって、根掘り葉掘り様子を聞くのも嫌がられるでしょう。
  • 【2】最低でも朝晩2回以上の通話をねだる

    「ずっと繋がってるとだんだん話すネタもなくなってくる」(10代男性)というように、無料だからと長電話をせがみ、困らせてしまうパターンです。ノルマと感じると途端にやる気をなくす人は多いので、どうしても声を聞きたいときだけ自分から電話するようにしましょう。