面倒くさがりの彼氏を夏のバカンスに連れ出す工夫9パターン

  • 【9】「あなたは休みをとるだけでいいから!」と完璧なプランを立てる

    「忙しすぎて考える余裕はないけど、出発してしまえば楽しそう」(20代男性)など、毎日の仕事に手一杯で、旅行を計画する暇がない彼氏は多いようです。いっそ彼氏をエスコートするつもりで、自分で完全に計画を立ててしまうのも一つの方法でしょう。

2、3日の旅行といっても、二人がスケジュールを合わせて出発するのは意外に大変なもの。彼氏の負担を少しでも減らしてあげる工夫をすれば、バカンスが実現する可能性は高まりそうです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年2月12日(水)から19日(水)まで
対象:合計169名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock